「帽子をかぶるとハゲる」は嘘? 本当?

「帽子をかぶっている人はハゲやすい」なんてことを多くの人は聞いたことがあるでしょう。本当に帽子は薄毛の原因になるのでしょうか? もしなるのであれば、何が影響して薄毛になるのでしょうか? 今回はそんな「帽子と薄毛」の関係について、解説します。

ライター:DANVI編集部

帽子をかぶることでハゲる可能性は…

帽子を上手にファッションに取り入れている人は、とてもおしゃれで洗練されたイメージがあります。一方で、帽子には「かぶるとハゲる」というネガティブなイメージを持ち、薄毛対策として帽子を被らない人もいます。

でも本当に、帽子をかぶると薄毛が進行するものなのでしょうか?

それは「イエス」であり「ノー」でもあります。というのは、帽子が直接的に薄毛を進行させるのではなく、帽子のかぶり方が悪いと、髪や頭皮に悪影響を及ぼす可能性があるということなのです。

ハゲる原因は帽子が作り出す環境にある!

では、どのようなかぶり方をすると、髪や頭皮に悪影響を及ぼすのでしょう?

ひとつは長時間、蒸れた状態のままかぶり続けることです。汗をかいて帽子の内部が蒸れてしまうと、細菌が繁殖しやすくなってしまいます。そして頭皮環境が悪くなり、薄毛が進行するというわけです。

サイズの合わないきつい帽子をかぶることでも、髪や頭皮に悪い影響を及ぼします。帽子がきついと頭が締め付けられ、血行が悪くなって髪に栄養が届きにくくなります。また髪や頭皮がこすれることでも、髪や毛根に負担をかけてしまいます。

帽子をかぶるメリットもある

帽子をかぶって外を歩く男性

ですが帽子をかぶることは、決して悪いことばかりではありません。

例えば夏の紫外線。頭頂部は、体のなかでもっとも紫外線を浴びる部分です。直射日光を浴び続けると、頭皮にダメージを与えてしまいます。ですが帽子をかぶれば、頭皮を紫外線から守ってくれます。

冬の冷たい空気もまた、頭皮の血管を収縮させて血行を悪くします。さらに冬の空気は乾いているので、頭皮を乾燥させてしまうことにもなります。しかし帽子をかぶれば、冷えや乾燥を防ぎ、頭皮を守ってくれるのです。

帽子を活用して頭皮の負担を減らそう

このように帽子は、決して悪者ではありません。上手に活用することによって、逆に頭皮環境をよくしてくれるものになるのです。

ですから、汗をかいたらこまめに帽子を取って、帽子内が蒸れないようにする。そして頭皮をそのままにしないできちんと洗い、清潔な状態にしましょう。

また、かぶる帽子は頭に合ったサイズのもので、夏は通気性がよく、冬は保温性の高いものを選ぶ。そうすれば、頭皮や髪に負担をかけることも少なくなります。

※当サイトは医師・医療従事者への取材や各種調査等で信頼できると判断した情報を元に信頼性・正確性のある情報提供を心がけております。ただし、当サイトで得られた情報を利用したことにより生じた結果に対し、DANVI編集部及び株式会社ナウプランニングは一切の責任を負いませんこと、予めご了承ください。

RELATED ARTICLE 関連記事