薄毛対策の鍵を握る栄養素は「ビタミンC」?

薄毛には、遺伝によるもの、男性ホルモンの影響、栄養状態の悪化などさまざまな原因があります。中でも「老化」による薄毛は、年齢なんだから仕方がないと諦めがち。しかし、そんな老化による薄毛の進行を食い止めるものがあるのです。それはビタミンC。その大きな効果についてご紹介します。

ライター:DANVI編集部

老化による薄毛はどうして起きるの?

残念ながら、誰にも平等に訪れる老化。年齢とともに進行する薄毛も、老化現象だから仕方ないと諦めていませんか?

そもそも、なぜ歳を取ると髪の毛が薄くなってしまうのでしょうか? 2016年に東京医科歯科大学から興味深い研究結果が発表されました。

頭皮には、髪の毛が生える毛根があり、その毛根を2、3本まとめて包んでいるのが毛包です。そして、毛が生えるためには毛包にある毛包幹細胞と、毛包で生成される17型コラーゲンというものが大事だということが、実験により証明されたのです。

ところが、この17型コラーゲンは加齢と共に減少していく傾向にあり、薄毛になって毛包そのものがなくなってしまえば、もはや作り出すことはできなくなってしまいます。これが加齢が薄毛に影響するという理由です。

薄毛対策には、コラーゲンを補えばいいのでは?

薄毛対策について考える男性

毛が生えるために必要なのが毛包幹細胞と17型コラーゲンだということがわかりました。

では、毛包がまだ失われていない状態なら、老化によって少なくなると言われる17型コラーゲンをサプリなどで補えば、薄毛対策になるのでは? と誰もが考えるでしょう。

しかし、残念ながらこのコラーゲンは、サプリで摂っても、体内でアミノ酸に分解され、そこからいくつかの過程を経て人間に有用なコラーゲンになるという遠い道のりを経るのだそう。残念ながらサプリをただ摂取するだけでは薄毛対策にならないのです。

やはり老化による薄毛は諦めるしかないのでしょうか?

ビタミンCは薄毛対策の救世主!?

毛が生えるために必要なコラーゲンをサプリなどで直接補うことはできませんが、毛包幹細胞がコラーゲンを合成するのを助ける物質、それがビタミンCです。

ビタミンCには、皮膚を丈夫にしたり、血管を作る働きもあります。つまり頭皮に十分な栄養を運ぶ助けもできるということ。

実際に美容医療の現場では、薄毛治療として頭皮にビタミンCを注入する方法も採られています。老化による薄毛が気になってきた方には、ビタミンCを習慣的に摂ることをオススメします。

風邪や美白効果だけではないビタミンCの力

多くの人が諦めがちな老化による薄毛も、対策をとっていれば薄毛を遅らせられる可能性があることはわかっていただけましたでしょうか。

・毛が生えるのに大事なのは頭皮の毛包にある毛包幹細胞と17型コラーゲン
・17型コラーゲンはサプリでは補えない
・コラーゲンの生成を助け、頭皮の健康を保つのに役に立つのはビタミンC

以上のことより、ビタミンCの摂取を習慣づけると薄毛対策になることがわかります。

ただ、人の体に入った栄養素は、まず命に関わるところに運ばれるため、頭皮は後回しになることが多いのだそう。最近の研究結果では、体内に呼吸により取り込まれた酸素が変化した物質・活性酸素が多く発生すると、それを減らすためにビタミンCが使われるということもわかってきています。

活性酸素はタバコやストレスなどが原因で増えるものです。つまりできるだけ健康的な生活を送る、軽い運動をするとか、食生活を見直すことなどが、薄毛対策に繋がります。

※当サイトは医師・医療従事者への取材や各種調査等で信頼できると判断した情報を元に信頼性・正確性のある情報提供を心がけております。ただし、当サイトで得られた情報を利用したことにより生じた結果に対し、DANVI編集部及び株式会社ナウプランニングは一切の責任を負いませんこと、予めご了承ください。

RELATED ARTICLE 関連記事