寒い季節でも油断厳禁! 男性のニオイ対策は抜かりなく

冬になって寒くなれば汗をかく量も減るので、ニオイ対策はする必要はないと思っていませんか? 実は、汗は冬の方が匂いを発生しやすいという研究結果もあり、寒い時期こそ気にしなければいけないと言われています。そんな冬のニオイについて解説します。

ライター:DANVI編集部

冬の汗は夏より臭う? その特徴とは

人の全身には汗腺というものがあり、これが血管から血液の水分を吸収して汗として体外に分泌します。

汗腺にはエクリン腺と、アポクリン腺という2つの種類があり、特に後者のアポクリン腺はワキガの原因となる厄介な代物。でも、これは遺伝によって、影響を受ける人・受けない人がいて、そのニオイの強さは、気温の高低には関係ありません。

冬の汗に関係してくるのは、誰の体にもあるニオイのない汗を分泌するというエクリン腺です。ある研究結果によれば、冬は濃度の濃い汗を分泌するのだそう。というのも、夏は汗をかく機会が多いため、汗腺も活発に働きますが、汗が少ない冬はその機能が衰えがち。

その結果、汗のもととなる血液中にあるミネラルやアンモニアといったニオイ成分をうまく排除できずに、そういった成分の濃い汗になるのだといいます。だから、冬の汗には注意が必要なのです。

汗を臭わないようにするには?

冬は厚着になりやすいので、汗がこもりがちになるのもニオイの原因です。

冬の汗は、「少し汗ばんだかな」というぐらいでも放って置かず、こまめに拭き取ることが大事です。発汗を抑え、消臭効果のあるミョウバンを含んだ制汗剤を使用するのも効果的です。

そして、ニオイ成分となる細菌が住んでいる肌を、汗をかく前に消臭成分のあるボディシートなどで拭き取っておくことも汗のニオイ予防になります。

汗が少ない季節だからこそ、あえて積極的に汗をかくのが効果的!?

夏は特に運動をしなくても、汗をかきます。一方で冬は、普通に過ごしている限りは汗をかきません。汗腺の活動がにぶっているので、いざ汗をかいたときにニオイがきつくなっているのです。

そこで、あえてウォーキングなどの有酸素運動を習慣づけたり、足湯や半身浴などをして汗腺の働きをよくしておけば、冬の汗でもニオイが抑えられるようになります。

寒い寒いと部屋の中に引きこもってばかりいないで、外に出て体を動かすようにすれば、健康にも汗対策にも効果がありそうです。

冬だからこそのニオイ対策をしましょう

以上から、汗は夏よりむしろ冬の方が気をつけなければいけないことが、おわかりいただけたと思います。

・実は意外に匂いの強い冬の汗
・冬の汗の匂いの原因は汗腺の機能の衰えから
・冬の汗の匂い対策は、こまめな拭き取りやデオドラント剤の使用
・冬だからこそ、あえて汗をかいて汗腺の働きを衰えさせないのが効果大

なかなか他人に指摘することができない汗のニオイ。だからこそ、普段から自分のニオイには気を遣っておきたいものです。

※当サイトは医師・医療従事者への取材や各種調査等で信頼できると判断した情報を元に信頼性・正確性のある情報提供を心がけております。ただし、当サイトで得られた情報を利用したことにより生じた結果に対し、DANVI編集部及び株式会社ナウプランニングは一切の責任を負いませんこと、予めご了承ください。

RELATED ARTICLE 関連記事