来年夏に向け、脱毛は秋冬にはじめよう!

夏にむけてムダ毛処理をするのは、もはや女性だけではありません。男性だってムダ毛だらけだと、身だしなみに気を遣わない人というレッテルを貼られるかも…。ただ脱毛は思った以上に時間がかかります。メンズ脱毛の理想的なスケジュールを、美容医療クリニックのカウンセラーIさんに教えてもらいました。

ライター:DANVI編集部

夏までに脱毛効果を得たいなら、前年の秋から施術をスタート

「夏にむけて体毛を脱毛するなら、前年の秋冬に始めるのが理想です」と、ベテランカウンセラーのIさんは話します。というのも、人間の体毛には毛周期という発毛のサイクルがあり、首から下の毛周期は場所によっては半年くらいと、ヒゲなどに比べ長い部分があるからです。

仮に太ももの毛を脱毛するためにレーザーを照射したとします。その時に成長期にある毛根にはレーザーは有効に働き脱毛できますが、休止期の毛根には効果がありません。休止期の毛根が成長期になるまで待つ必要があるため、半年以上の時間をかける必要があるというわけです。

脱毛を決意したら日焼けには要注意!

では、秋になって誰でもすぐに脱毛の施術をスタートできるかというと、残念ながらそうではありません。脱毛機のレーザーは黒い色に反応するため、夏にこんがりと日焼けをしてしまった人は照射できないことがあります。

できたとしても、火傷しないために照射の出力を下げざるを得ない場合があるので、そうなると効果は弱まり、脱毛が終わるまでに時間がかかってしまいます。どれくらい日焼けしていると施術に影響があるのかは、美容医療クリニックでカウンセリングを受ける際に、専用の機械で計れるそうなので、自己判断せずに相談してみましょう。

脱毛前だけでなく、施術後の日焼けも大敵!

日焼けしている男性の写真 提供:chombosan/Shutterstock.com

日焼けに気をつけたいのは脱毛前だけではありません。脱毛後の肌はとても敏感になっているので、原則日焼けは避けてください。たとえば、7月からサーフィンをはじめたいとか、8月にハワイに行く、などという場合は逆算して、レーザー照射のタイミングをカウンセリング時に相談するといいそうです。

ただ、屋外での作業が多い仕事をしているとか、スポーツをしているなど、年間を通して真っ黒になるほど日焼けをしている人は、照射が難しい場合もあるので、この場合も早めに相談をして、少しでも日焼けを落ち着かせてからの照射が、より高い効果を出すためのポイントです。

保湿ケアをして、脱毛効果をアップする

レーザーを照射した後の肌は、乾燥しやすいので保湿ケアが大切です。照射後のお肌の状態によっては、クリニックから医療用軟膏やクリームを処方することもあります。しっかり保湿をして、肌のコンディションを整えたら、次の照射もスムーズに行うことができます。

いずれにしても、脱毛は1~2回の通院で終わるわけではなく、それなりに時間がかかることをしっかり認識しておきましょう。

※当サイトは医師・医療従事者への取材や各種調査等で信頼できると判断した情報を元に信頼性・正確性のある情報提供を心がけております。ただし、当サイトで得られた情報を利用したことにより生じた結果に対し、DANVI編集部及び株式会社ナウプランニングは一切の責任を負いませんこと、予めご了承ください。

RELATED ARTICLE 関連記事