目の悩みを他の部位で解消させることも!美容医療プロカウンセラーのすごい傾聴力

美容医療クリニックでよくある無料カウンセリング。無料と聞くとかえって「強引に施術を薦められるんじゃないか」「最後に高いお金を請求されるんじゃないか」と不安に感じる男性もいるかもしれません。そこで、実際にカウンセリングを担当している大手美容医療クリニックのIさんに話しを伺いました。

ライター:DANVI編集部

カウンセリングで患者がなりたい姿を具体化していく

「クリニックを訪れる男性患者さんの多くは、ヒゲを脱毛したい、目の印象を良くする整形手術を受けたいと相談事を決めて来院されます。カウンセラーは、その相談をより掘り下げて、具体的にどんな施術をすれば良いのかを提案するのが仕事です」(Iさん)。

「二重まぶたにしたい」という相談の場合。二重にすることで、どうなりたいのかという患者が目指す姿を具体化していきます。もしそこで「格好良くなりたい」と言うのであれば、果たしてその人の顔のバランス的に、二重にして本当に格好良くなれるのかを客観的に考えます。

もしかすると一重の切れ長の目の方が格好良いので、他の部位を整形すべきではないのかといった話しをすることもあるそうです。カウンセリングという対話を通して、最終的に患者が望む「格好良い姿」になるには、どんな選択肢があるのかを絞り込んでいくのです。

「整形したと気づかれずに整形したい」という難題

施術をする医師の写真 提供:nimon/Shutterstock.com

海外では整形をそれほど隠さない国もあるようですが、日本ではまだまだ整形をしたことをおおっぴらに言うのははばかられます。ですから、目を整形して印象を変えたいのだけど、それが他人からは分からないようにしたいという、難しい相談もあります。

そうした場合のカウンセリングでは、目を手術したいという気持ちは重視しているので、鼻や顎などの別部位の施術をすることで、その方がご希望する印象に仕上げる提案をするといいます。

「ただ、鼻や頬を整形したことで満足いただいて、目の手術をしないとうケースもあります」(Iさん)。このように、きちんとした美容医療クリニックならば、施術を受けた患者の満足度に合わせて、その後の治療方針を柔軟に変更していくのは当たり前なようです。

カウンセリングは患者が納得して治療を受けるためのファーストステップ

「カウンセラーの仕事は、患者さんがコンプレックスを解消して自信を持ち、より良い人生を歩んでいくお手伝いをすることではないでしょうか」とIさんは言います。ですから、きちんとしたクリニックのカウンセラーであれば、強引に施術を提案して患者さんが後悔したり、納得のいかない結果になるような無理なメニューは薦めません。

そんなことをしてもクリニックの信用を下げるだけなので、一人ひとりの患者に、納得した治療を受けてもらえるように行っているのが無料カウンセリングなのです。無料だからといって警戒は無用です。自分の見た目や身体に悩みがある方は、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

※当サイトは医師・医療従事者への取材や各種調査等で信頼できると判断した情報を元に信頼性・正確性のある情報提供を心がけております。ただし、当サイトで得られた情報を利用したことにより生じた結果に対し、DANVI編集部及び株式会社ナウプランニングは一切の責任を負いませんこと、予めご了承ください。

RELATED ARTICLE 関連記事