美容クリニックの現役カウンセラーが教える、「目の整形」のアレコレ

美容医療クリニックで男性が顔を整形する場合、人気が集中するのは目だといいます。鼻を高くしたいとか、唇を薄くしたいという男性はかなりのレアケース。そんな希望部位ナンバー1である目の整形について、大手美容医療クリニックのカウンセラーMさんに話しを伺いました。

ライター:DANVI編集部

男性のほとんどは漠然とした理想像しか持っていない

人と人が出逢うとき、見た目の第一印象は重要です。そんな第一印象に大きく影響するのが顔であり、顔の中でも特に目が重要なパーツであることは多くの方が納得することだと思います。そのためか、顔の整形をする男性で希望部位のランキングにおいて、目は圧倒的なトップ。果たして男性はどんな願いを持ってクリニックに足を運ぶのでしょうか。

「ただ男性の場合、芸能人など写真を持ってきたり、あんな風になりたいと具体的なイメージを持っている方はほとんどいません。どちらかというと優しく見られたいとか、怖い印象を持たれたくないという、漠然とした希望の方が大半です」とMさんは明かします。

女性の場合は、整形において自分が目指す理想が明確なことが多く、人によっては自分が考える理想を具体化して持ってきたりします。一方で、男性のように最終形があいまいな場合、どのようなカウンセリングを行って整形後のゴールを設定するのでしょう。

目の整形の大事なポイントは“自然さ”

仮に二重まぶたに整形するといっても、その人の元々の目の幅や、まぶたの高さによって、実はつくれる幅がだいたい決まります。カウンセリング実績が豊富なMさんの場合、これまでの経験に基づいて、その人にとって最適と思える施術を提案するそうです。

すると、ほとんとの方が「確かに、このくらいが自然ですね」と施術に進むとのこと。この“自然さ”が、男性にとって最も大事なポイントなのです。

「施術した後に患者さんからも、『そんなに変わってないですよね』と何度も確認されることが多いですね」とMさんは語ります。自分の見た目や印象を変えるために整形を受けるのですが、施術の結果、そこだけ注目されるのは避けたいという心理が働くようです。

整形しても自然に見られたいという繊細な男心

親指を立てている男性の写真 提供:Hanna Kuprevich/Shutterstock.com

実際に目を一重から二重にすると、ずいぶん顔や見た目の印象は変わります。暗い印象だった人が明るく見えたり、気が強そうな人が柔和な感じになったりするわけです。そうした整形の効果と相反するように、患者にとっては新たな目が自然であることがとても重要なのです。

ニックでは、細心の注意を払って施術を行っているようです。もしクリニックに相談に行って、「この際、目をバッチリ変えちゃいましょう」などというカウンセラーや医師だったら、患者の本心を理解できていない危ないクリニックなのかもしれません。

※当サイトは医師・医療従事者への取材や各種調査等で信頼できると判断した情報を元に信頼性・正確性のある情報提供を心がけております。ただし、当サイトで得られた情報を利用したことにより生じた結果に対し、DANVI編集部及び株式会社ナウプランニングは一切の責任を負いませんこと、予めご了承ください。

RELATED ARTICLE 関連記事