脂肪吸引手術の流れと、価格にまつわる基礎知識

ダイエットをするには、定期的に運動をしたり、食事をコントロールするのが王道。とはいえ、忙しい現代人にとって、こうした手間や時間をかけづらいのが悩みの種。そこで注目したいのが部分痩せも可能な脂肪吸引です。実際に施術を受ける際の手順や心構えを紹介します。

ライター:DANVI編集部

臓脂肪が多いと、あまり効果が見込めない

実は脂肪吸引は、日帰りで受けられる施術です。ただし、れっきとした手術ですから、内容をよく理解したうえで受けたいのが本音しょう。そこで、数多くの症例を手がけてきた横浜中央クリニック(中央クリニックグループ)の亀山誠院長に、脂肪吸引の一般的な手順や注意点について話しを伺いました。

同クリニックの場合、まずはカウンセリングを実施して、施術の具体的な内容や、期待できる効果など詳しく説明することから始めます。実際に痩せたい部分を触わるなどして、どの程度の脂肪を吸引できるかも診察。人によっては内臓脂肪が多くついていて、脂肪吸引ではそれほどの成果が望めないこともあるため、患者としてもここでしっかりドクターと会話をするのが大事です。

このほかにも、持病の有無を確認したり、脂肪吸引によるメリットやデメリットについてて説明を受けてから、最終的に施術を受けるかどうかを決定します。カウンセリングをしたからといって、「絶対に施術を受けなければならない」というわけではありません。亀山院長も「わからないことばかりだと思うので、気軽に相談してもらえたら」と話します。

施術当日に帰宅できる場合もある

さて、施術を受けるとなったら、どのように進めるのでしょうか。まずは施術の前に行う麻酔ですが、種類は様々でクリニックによって麻酔の方法は異なります。一般的には「全身麻酔」「局所麻酔」「静脈麻酔」「硬膜外麻酔」のいずれか1つ、あるいは2つを組み合わせて行います。

全身麻酔は眠っている間に施術が終わるというメリットもありますが、回復に時間がかかるので入院が必要になる場合も。「当院では、意識がある状態で痛みを感じない『硬膜外麻酔』を専門の麻酔医が行っています。その日のうちに帰宅できるのが特徴です」(亀山院長)。

麻酔が効いたら、皮膚に3~5ミリの穴をあけ、そこからカニューレという吸引管を入れて皮下脂肪を吸引します。施術時間は部位によって異なりますが、腹部と腰回りを吸引した場合、吸引自体は1時間半から2時間程度。硬膜外麻酔の場合、麻酔が切れるまでの時間を合わせると6~7時間で自宅に戻れます。

脂肪吸引後はすぐに自宅に帰れますが、どんな人でも多かれ少なかれ術後出血があるため、数日間コルセットをして止血をします。術後は基本的に安静にするよりも、できるだけ普通に過ごす方が回復も早いとされています。

価格よりも医師への信頼感が重要

患者と手を取り合う医者の写真 提供:PORTRAIT IMAGES ASIA BY NONWARIT/Shutterstock.com

痛みのピークは麻酔が切れてから2,3日後ですが、痛み止めなどが処方されるので安心してください。施術当日は安静にする必要がありますが、翌日からは普段通りに戻れます。
「術後3日目と1週間後に術後の経過を診察します。特に問題なければ、その後の通院は不要です。ただし、吸引した部分の皮膚が硬くならないように、術後1週間後から3ヶ月くらいは自分でマッサージをする必要があります」と亀山院長は語ります。

以上で脂肪吸引のおおよその流れは理解できたと思います。しかし、多くの人にとって最も気になるのはその費用。脂肪吸引は自由診療のためクリニックによって、単価や値段がまちまち。たとえば、「腹部と腰回り」では20~150万円、「二の腕」は12~70万円、「太もも」は15~150万円と、かなり幅があるようです。

どうしてこんなに値段の幅があるのかというと、クリニックによって治療方法が違ったり、部位の捉え方が異なったりするからです。太ももといっても内側、外側、前、後ろと分けている場合と、すべて込みの場合と、クリニックによってそれぞれ違います。

値段だけを基準に、「意外に安いのね。とりあえずやってみよう!」とか「高いからきっと医師の技術もすごいはず」といった決め方は危険です。治療方法についてのメリット、デメリットや、なぜその値段なのかについて、しっかり医師が説明してくれるかどうかなど、安心感、信頼感といった観点から治療をするかどうかを決めることが大切です。

監修者亀山誠(横浜中央クリニック院長)

亀山誠先生の写真

2002年、昭和大学医学部卒業後、昭和大学藤が丘病院形成外科にて勤務。その後、多数の医局関連施設にて勤務。2009年、昭和大学藤が丘病院形成外科助教授に就任。2010年8月より、横浜中央クリニック院長に就任。

http://www.yokohamachuoh-biyou.com/
※当サイトは医師・医療従事者への取材や各種調査等で信頼できると判断した情報を元に信頼性・正確性のある情報提供を心がけております。ただし、当サイトで得られた情報を利用したことにより生じた結果に対し、DANVI編集部及び株式会社ナウプランニングは一切の責任を負いませんこと、予めご了承ください。

RELATED ARTICLE 関連記事