何が違うの? 「エステティック」と「美容医療」の決定的な違い

最近、「エステティック」や「美容医療」が一般的になってきています。どちらも身体の悩みを解消したり、美しさを求めているため、同じ様なサービスだと思っていないでしょうか。ですが、実際には明確な相違点があります。エステティックと美容医療の違いは、一体何なのでしょうか。

ライター:DANVI編集部

一般化する「エステティック」や「美容医療」

レーザー治療を受ける男性の写真 提供:Kzenon/Shutterstock.com

美容に高い興味を持つ女性を中心に、定着してきた感のある「エステティック」や「美容医療」。美しさや健康、癒しに対する意識の高まりを背景に、一般の方々への認知も進んでいます。自分は未体験であっても、身近な友人や知人が通っていたと思い当たる方も少なくないでしょう。

エステティックサロンも、美容医療のクリニックも、身体の悩みを解消したり、今よりも美しくなりたい人のための施術やサービスを提供してくれる場所。どちらも、痩身、脱毛、美肌など、自分の身体を理想に近づけたい、よりきれいになりたいという目的は同様です。

専門家ではない素人からすると、それぞれで提供される施術が同じように見える場合もあり、エステティックサロンと美容医療のクリニックとで、大きな違いはないと考えてしまうかもしれません。

その違いは「医師がいるかどうか」

ですが実際には、エステティックサロンと美容医療のクリニックとには明確な違いがあります。両者の決定的な違いは、「医師の存在」。エスティックサロンに医師はいませんが、美容医療クリニックには医師がおり、医療行為を提供する医療機関なのです。

医師のいないエスティックサロンでは、医療行為は当然提供しません。メスや注射を使った施術は行えませんし、薬の処方もできないのです。仮に何らかの医療が提供されたとしたら、それは違法行為になってしまいます。

例えば、レーザー機器による脱毛のように、エステティックサロンでも、美容医療クリニックでも変わりなく見える施術も、美容医療の脱毛はレーザーの出力が強いなど脱毛効果が高く、実は内容が同じではありません。

万一、火傷のような副作用が起こってしまった場合も、エスティックサロンで治療行為はできず、改めて医療機関に行く必要があります。そうした意味で、高い効果を望む方、医療的なリスクが気になる方は、美容医療のクリニックで施術を受けた方がよいでしょう。

イメージや低価格で飛びつかない

アゴに手をやりながら椅子に座る男性 提供:Rawpixel.com/Shutterstock.com

逆にエスティックサロンは、美容医療と比べて、低価格ながらもくつろぎやすい環境でサービスが提供される傾向にあります。それほど劇的な変化を求めず、気軽に、リラックスして施術を受けたいという方にとっては、エスティックサロンが向いているのではないでしょうか。

もちろん、エステティックサロンと美容医療のクリニックのどちらにも一長一短があり、一概にどちらにすべきとは言えません。だからと言って、よく見る広告のイメージだけで判断したり、「〇〇%オフ」といったキャンペーン価格に飛びつくような、安易な選択は避けてください。

身体に何らか手を加えるのですから、慎重に考え、納得したうえで、自分に適したエステティックサロンや美容医療クリニックを見定める必要があります。そのためにも、まずは自分が求める姿、解決したい悩みを明確にしたうえで、具体的な施術内容やその効果を検討しましょう。やるべきこと、ゴールが定まってから、エステティックか、美容医療か、手段を決めた方が、素早く、間違いのない判断ができるはずです。

監修者中央クリニック

photo

開業30年以上、全国20院の美容形成外科グループ。開院以来、全国規模の大手美容外科では数少ない医療事故0件という「安心安全」の美容医療クリニック。日本初の医療機器や医療技術を積極的に取り入れている。

https://mens.chuoh-clinic.co.jp/
※当サイトは医師・医療従事者への取材や各種調査等で信頼できると判断した情報を元に信頼性・正確性のある情報提供を心がけております。ただし、当サイトで得られた情報を利用したことにより生じた結果に対し、DANVI編集部及び株式会社ナウプランニングは一切の責任を負いませんこと、予めご了承ください。

RELATED ARTICLE 関連記事