日本人の10人に1人は「わきが」です

個人差があるものの、誰でもわきの下に汗はかくものです。ところが、時々独特の強い刺激臭を放つ場合が…。これが「わきが」です。時に、ちょっと離れたところにいる人でも感じられるほどのニオイで、悩みの原因になっています。その原因や治療法について紹介しましょう。

ライター:DANVI編集部

「わきが」で悩んでいる人は1割程度

「自分のわきから、何だかニオイが…」。こうした悩みを持つ人は、もしかすると「わきが」かもしれません。ただ、この言葉は知っていても、具体的な原因や症状は意外と知らないのではないでしょうか。今回は、国内でも早くから切らないわきが治療を手がけており、豊富な症例を知る川崎中央クリニックの南部正樹院長に、わきがについて聞いてみました。

実は海外で、わきがは珍しいことではないと言います。一方で日本人は約10人に1人がわきがだと言われ、少数派であることからも気にする人が数多くいるので、わきが治療が進んでいます。

「わきがは病気ではありません。体質からくるものですし、ニオイは個性とも言えますから、私個人としては、あまり気にしなくてもいいんじゃないかとは思っています。とは言え、日本は無臭がよいとされる風潮もあるので、肩身が狭くなるのかもしれませんね」と南部院長は説明します。では、外国人には当たり前で、日本人は少数派であるわきがの原因とはいったい何なのでしょうか。

原因は「アポクリン腺」から出る汗

ワキガの原因であるアポクリン腺を研究する科学者 提供:Likoper/Shutterstock.com

人間の身体には汗を出す汗腺が2種類あります。「エクリン腺」と「アポクリン腺」といい、後者のアポクリン腺から出る汗はタンパク質やアンモニアなどを含んでおり、それが菌によって分解されて独特に匂いを発します。これがわきがの正体です。

つまり、わきが症になりやすい人はアポクリン腺が多数ある人。このアポクリン腺は、わきの下や陰部、乳輪など人間の身体の一部分にある汗腺で、遺伝によりその数の多い人と少ない人がいるのです。その結果、多い人は強い刺激臭で悩むことになります。ただし、「多汗症は、エクリン腺から出る汗の量が多いということなので、多汗症とわきがは区別しなければなりません」と南部院長は注意を促します。

わきがの症状が出るか出ないかが遺伝によるということならば、遺伝に法則性はないのでしょうか。「一口に遺伝と言っても、両親ともにわきがだったら、必ず子供もわきがになるのか。一方の親がわきがだったら、子供にどのように遺伝するのか。その形式は詳しく分かっていないのが実情です」(南部院長)。

手術より手軽な機械を使った治療

ワキガを治療して解放感あふれる男性 提供:Martin Djordjevic/Shutterstock.com

わきがの原因であるアポクリン腺の発達は、第二次性徴と関連していることから、症状が出て治療が必要になるのは思春期以降。親御さんに連れられてくる10代前半の若い人、大人になって周囲から指摘されて気にするようになったなど、治療のきっかけは様々のようです。

ちなみに川崎中央クリニックが採用する治療法は、手術ではなく機械を使った施術。“ペアドライ”という方法で、わきがの原因であるアポクリン腺をRF(高周波)で破壊する“ビューホット”と、高密度の超音波で汗腺に熱で損傷を与える“ウルセラドライ”という方法を組み合わせています。

この治療法のメリットと言えるのは、20~30分という短時間で済み、施術後もすぐに日常生活に戻れること。もちろんカウンセリングをしてから施術を受けるので、もしわきのニオイが気になる方は、一人で悩んでいないで、思い切ってクリニックに相談してみるのが、悩み解決の早道かもしれません。

監修者南部正樹(川崎中央クリニック院長)

川崎中央クリニック院長、南部正樹さんの写真

1998年、防衛医科大学校卒業、防衛医科大学病院形成外科入局。2010年、帯広中央美容形成外科クリニック院長就任。2012年、美容外科形成外科川崎中央クリニック院長就任。現在、防衛医科大学校病院形成外科・技術指導医。中央クリニック・技術指導医。日本抗加齢医学会専門医。

https://www.kawasaki-biyou.com/
※当サイトは医師・医療従事者への取材や各種調査等で信頼できると判断した情報を元に信頼性・正確性のある情報提供を心がけております。ただし、当サイトで得られた情報を利用したことにより生じた結果に対し、DANVI編集部及び株式会社ナウプランニングは一切の責任を負いませんこと、予めご了承ください。

RELATED ARTICLE 関連記事