テカリが気になる季節!でもデオドラントシートの使いすぎには要注意!

この時期になると、テカリ対策や制汗対策でデオドラントシートを使っている方を多く見かけます。使っている本人は、身だしなみの一環と思っているかもしれませんが、コレが要注意だということ、ぜひ知っておきましょう。

ライター:野々下一美

デオドラントシートがなぜ悪い?

ついついメーカーのセールストークに目が行ってしまい、“制汗”や“消臭”といった言葉に惑わされてしまいがちです。決して悪いものではないのですが、気をつけなければならない事があります。

それは、“アルコール”や“エタノール”という名の成分。もちろん、アルコールは“アルコール消毒”などと言われるように消毒効果が期待されます(エタノールもアルコールの種類)。ただ、アルコールは、気化しますので揮発する際に気化熱を発生させるので、同時に肌の水分も揮発させてしまう恐れがあるということです。

デオドラントシートを使い続けると、どうなる?

アルコール系の成分を多く配合しているデオドラントシートは、肌に必要な水分までも蒸発させてしまいますので、その逆効果として肌は乾燥状態に陥る訳です。

デオドラントシートを使うと、アルコールが蒸発する際の気化熱で、一瞬にして肌は冷たさを感じて「清涼感」を味わうことができます。しかし、使い続けることによって、肌は水分を失い、ますます乾燥状態に陥るというスパイラルを味わうことになります。

気をつけるべき、デオドラントシート見分け方

一般的に、化粧品は全成分表示が義務付けられています。その表示義務の条件には、含有量の多い成分から表示することになっています。化粧品や化粧品雑貨などを購入する際には、全成分表示を見てみましょう。

表示部分の一番最初に、“アルコール”や“エタノール”などの成分が表示されていたら要注意です。先に言ったように清涼感を与えてくれる分、肌の水分を揮発させてしまう恐れがあるためです。ただし、これらの成分も全く避けるべき成分ではなく防腐剤の役目として配合している場合も多く見られるので、全くこれらの成分を含有しない商品は見当たらないと思います。注意すべきは、その含有量なので使うときにはその辺に気をつけてください。

なるべく多用は避けて、代替案で対処しましょう

汗は、もともと弱酸性ですが放置しておくとアルカリに変化します。健康な肌は、皮脂膜に覆われており弱酸性を保っています。汗を放置すると、肌のペーハー値が変化しますので雑菌が繁殖しやすくなったり、肌荒れの原因になります。

汗が出るのは、体温調節を行う上で重要なことですが、汗が出たら速やかに清潔なハンカチやタオルでふき取ることです。そして、帰宅後はその日のうちに、しっかり洗い流すことが大事です。これからの季節は、シャワーなどで対応できるので進んで清潔を心がけましょう。

※当サイトは医師・医療従事者への取材や各種調査等で信頼できると判断した情報を元に信頼性・正確性のある情報提供を心がけております。ただし、当サイトで得られた情報を利用したことにより生じた結果に対し、DANVI編集部及び株式会社ナウプランニングは一切の責任を負いませんこと、予めご了承ください。

RELATED ARTICLE 関連記事