日焼け止めは塗る+飲むとより効果的

近年は日焼けによるデメリットが取り沙汰され、男性でも日焼け止めを塗るのが当たり前になってきました。しかし「塗る」だけのケアより、もっと確実な日焼け対策は「飲む日焼け止め」との併用。ダブル・ブロックでもっとシュアな日焼け対策をしましょう!

ライター:DANVI編集部

イチからおさらい「日焼け」が人に与える悪影響について

小麦色の肌が時代の先端だったのは昔の話。紫外線を無防備に浴びることで、肌の劣化が進んでシミやそばかすができやすくなり、光老化によるシワやたるみで老け顔になってしまいます。また日光を直接受ける頭皮は、紫外線により頭髪も切れ毛になったり赤茶色に変色する可能性もあり、頭皮細胞まで破壊されてしまえば薄毛になってしまうのです。紫外線ケアを怠ると、いずれは皮膚ガンなどの深刻な事態へと発展するかもしれず、日焼け止めは病気予防の意味も含まれています。

今話題の「飲む日焼け止め」とは?

飲む日焼け止めは、文字通り体の内側から日焼けを防止するお役立ちサプリ。紫外線で受けたダメージを軽減し、シミの原因であるメラニンや活性酸素を排出させる働きがあります。

日焼け止めを塗ることにより、肌がべたつくことを嫌う男性や、日焼け止めを塗れない「目」や「頭皮」も紫外線から守ることができ、塗り忘れた箇所や汗などにより日焼け止めが取れてしまっている箇所の日焼けも防げることから、最近は服用する人が急増しています。2016年からは日本製の飲む日焼け止めも続々と販売され、自分に合った商品も入手しやすくなりました。

多くの飲む日焼け止めに配合されているのは、紫外線から肌を守る「ニュートロックスサン」と「リコピン」。この2つは紫外線によるダメージを抑制・軽減できるとして専門機関による研究データが報告されています。この2つの成分に加え、受けた紫外線によって発生する活性酸素を排出する作用がある「ハイチオンエキス」や「システイン」も配合されていれば鬼に金棒! 飲む日焼け止めを選ぶ時には配合成分にも注目して選びましょう。

飲む日焼け止めの使い方、すべて教えます!

紫外線で受けた肌のダメージを軽減する飲む日焼け止め

飲む日焼け止めを飲めば、塗るタイプの日焼け止めはもう使わなくていいと思っている人もいますが、それは大きな間違い。飲む日焼け止めは、日焼けによって受けたダメージを抑制するもので、体を直接紫外線から守るものではありません。紫外線対策は「塗るタイプ」×「飲むタイプ」のダブルで行うのが基本です。

多くの飲むタイプの日焼け止めは、24時間ほど効果が持続します。また、飲み続けることによって、より効果が高まるという研究結果が出ています。ニュートロンサックス(飲む日焼け止めの多くに含まれる成分)での実験では、85日間飲み続けた後に紫外線保護率を比べたところ、飲んでいなかった頃に比べて56.1%アップしたいうデータもあるほど。継続することで保護力アップが期待できるのです。

どこで手に入れるか? ネットor美容外科?

飲む日焼け止めは、ネットやドラッグストアでも手に入りますが、まずは美容外科で受診して医師から処方してもらうのも良い選択。理由は、医師に診てもらうことで肌質に合う薬を処方してもらえるうえ、用法の説明を受けて安心して飲む日焼け止めを使いはじめられるからです。何かトラブルがあっても、迅速な対応をしてもらえて心強いですね。

ちなみに国内外で人気の飲む日焼け止めは…

■U・Vlock
医療機関取扱商品として開発された日本製。1粒で24時間の持続力があるサプリ。植物由来で副作用の心配もありません。

■ヘリオケア
世界34カ国以上で販売されている知名度NO.1の飲む日焼け止め。シダ植物から抽出された成分でメラニン生成やDNAの損傷を防ぎます。

■ホワイタス
日焼け止め効果だけでなく、豊富なビタミン類も配合された国産の飲む日焼け止め。添加物もなく、アレルギー性も低い安心サプリです。

明日から「飲む」+「塗る」のダブルUVケアをはじめよう!

男を劣化させないために、外側の日焼け止めだけでなく内側からのケアもしっかり行いましょう。飲み続けることで効果を発揮する「飲む日焼け止め」は、今すぐはじめるのがGOOD!冬でも遠慮なく降り注ぐ紫外線には、「飲む+塗る」で完璧対策ですね。

※当サイトは医師・医療従事者への取材や各種調査等で信頼できると判断した情報を元に信頼性・正確性のある情報提供を心がけております。ただし、当サイトで得られた情報を利用したことにより生じた結果に対し、DANVI編集部及び株式会社ナウプランニングは一切の責任を負いませんこと、予めご了承ください。

RELATED ARTICLE 関連記事