ダイエット中なのに食べすぎた!飲みすぎた!そんな翌日の正しい過ごし方

ダイエットをしていても、気が緩んでつい食べすぎたり、付き合いで飲みすぎたり……そんな日はどうしてもあるものです。でもそれで「ダイエットは失敗だ……」なんて諦めないで、しっかりリカバーしましょう。ではどうすればリカバーできるのか、その方法を紹介していきます。

ライター:DANVI編集部

食べ過ぎたら翌日にすぐ太る?

前日に食べ過ぎてしまったといって、すぐにダイエットを諦めるなんてことは、実はもったいないことです。食べたものはすぐに脂肪になるわけではないのですから。

食べ過ぎてしまい消費されなかったぶんの糖質は、肝臓に運ばれます。そして48時間ほど蓄えられたあとに糖質が余っていた場合、これが脂肪細胞になるのです。

「でも食べ過ぎた翌日は、体重が増えているんだよね……」という人もいますが、実は増えている体重のほとんどは水分。脂肪がついたわけではありません。また見た目が太って見えるとすれば、それは水分で体がむくんでしまって、太って見えるだけなのです。

食べすぎた翌日ならまだ太っているわけではないので、十分にリカバーが可能です。では、どのようにリカバーすればいいのでしょう?

絶食ではなくカロリーを控えて栄養を摂る!

「昨日は食べ過ぎたから、今日は食べない!」と絶食する人もいますが、空腹になるぶん、リバウンドの可能性も高くなります。そこでおすすめしたいのが、摂り過ぎたエネルギーを消費しながら、不足した栄養を補う食事です。

食べ過ぎたぶんを消費するには、エネルギー代謝をよくすること。そのためには、代謝に必要な栄養素を十分に摂る必要があります。

摂りたい食品は、大豆、コンニャク、ササミ、キノコ、海藻類など、低カロリーで栄養が豊富なものです。脂肪の吸収を遅らせる食物繊維の多く含まれる、キャベツやタマネギ、ダイコンといった野菜も摂れるといいでしょう。野菜スープやキノコのみそ汁、湯豆腐、海藻サラダなどの料理がおすすめです。食欲がなければヨーグルトやスムージーでもいいでしょう。

激しすぎないのんびり運動を

食べ過ぎの翌日にストレッチをする男性

食べ過ぎを運動でリカバーしようと思うと、ついつい激しい運動になりがちです。しかし激しい運動を短時間行うよりも、ゆっくりとした有酸素運動を継続して行うほうが効果的です。

ですが、日頃から走っていない人がいきなりジョギングを始めても、ケガや体調不良の原因になります。それよりもウォーキングを30分~1時間ほど行うほうが代謝を高められます。また、ゆったりとしたリズムで呼吸を行うストレッチもおすすめ。リラックスすると副交感神経の働きが強まり、消化器の活動が促されるので消化や代謝の機能の改善が期待できます。

食べ過ぎをリカバーする際の注意点

「食べ過ぎたから今日は断食!」というのは、あまりおすすめできないと言いましたが、
暴飲暴食で胃の調子が悪いということなら、胃を休ませるうえで朝食を抜くのはOKです。

しかし、リカバリーを意識しすぎて、食事の量を減らし過ぎるのもNG。常に物足りない状態でいると、脳が食べ物を欲してしまい、食欲が出てリバウンドしやすくなってしまいます。

事前に脂肪吸収抑制剤を飲むという手も!

ここまでは、食べ過ぎ・飲み過ぎた翌日のリカバリ方法をお伝えしましたが、もし事前に対策できるなら、それに越したことはありませんよね。実は、飲み会や会食が避けられない男性にぴったりの薬があります。それは脂肪吸収抑制です。

脂肪吸収抑制は美容医療クリニックなどで処方される薬で、食事の際、油分(脂肪)を体内に吸収して分解する働きのある酵素であるリパーゼの働きを抑制し、余分な油分を体外に排出する作用があります。これにより摂取カロリーをカットすることができ、脂肪がつくのを抑えられるのです。

「ゼニカル」が最も有名な脂肪吸収抑制で、通販で購入することも可能です。しかし、副作用などもあるため、美容医療クリニックなどで医師のカウンセリングの上に、購入することをおすすめします。

自分のペースで無理なくダイエットを

ダイエットをしていても、食べすぎてしまったり、飲みすぎてしまったりすることはあります。そこで自分を責めたり、諦めたりしないで、リカバリするのが大切です。ムリなく、ストレスなく、健康にダイエットすることが一番です。極端に負荷をかけずに、自分のペースでダイエットを行ってください。

※当サイトは医師・医療従事者への取材や各種調査等で信頼できると判断した情報を元に信頼性・正確性のある情報提供を心がけております。ただし、当サイトで得られた情報を利用したことにより生じた結果に対し、DANVI編集部及び株式会社ナウプランニングは一切の責任を負いませんこと、予めご了承ください。

RELATED ARTICLE 関連記事