忙しいビジネスマンが選ぶべきダイエット方法とは?

コンビニランチや毎夜の接待、深夜の夜食など、忙しいビジネスマンほど太りやすい生活習慣になりがちです。デキるビジネスマンはキリッと細身のスーツを着こなしているイメージなだけに、メタボへの道は避けたいのが本音ですよね。そんな誘惑いっぱいのビジネスマンに最適なダイエット方法をご紹介します。

ライター:DANVI編集部

ビジネスマンでもトライしやすいダイエット法は?

ダイエットの王道として長らく君臨している“糖質制限”は、体内で糖質に変化する「炭水化物」や「でんぷん」「糖類」の摂取を制限して、脂肪を減らすという方法。「肉や魚などのたんぱく質はお腹いっぱい食べてもよい」「焼酎やウィスキーなどの酒もOK」という空腹感とは無縁の分かりやすいルールで、忙しいビジネスマンでも取り入れやすいダイエット法です。

また、多くの有名人が実践していることでも有名な「1日1食ダイエット」は、食事を1日1回(ビジネスマンには夕食が◎)にするという単純明快な方法。「朝も昼も仕事に追われてゆっくり食事をする暇がない!」といったビジネスマンは、忙しすぎるがゆえにあまり空腹感も感じずに無理なくできると実践する人も多いようです。

コンビニ食でダイエット!? 多彩なメソッドが乱立するダイエット界

忙しいビジネスマンにおすすめのコンビニ食でのダイエット

少々意外にも思える “コンビニダイエット”は、「主食・主菜・副菜×2」を1食500カロリー以内になるように計算しながら購入すれば、自然とダイエットになるというもの。

例えばシャケのおにぎりとおでん、スープはるさめ、野菜サラダ、プレーンヨーグルト、これで441kcal。コンビニ商品にはカロリーが明示されているので計算しやすく、選択肢が多く用意されているのもポイントです。ただしホットスナックなどの他商品の誘惑に負けない強い精神力も試されます。

また3食のうち1食を何かカロリーの低いものにする“置き換えダイエット”も、その手軽さからビジネスマンにも支持されています。最近では1日のなかで1食をサブウェイのサンドイッチにする「サブウェイ・ダイエット」なるものも登場し、よりキャッチーでトライしやすいものも提唱されています。

このほか、炭水化物1:たんぱく質2:野菜3のゴールデンバランスを守ることで、太りにくい体質を維持する方法や、1日1食朝食の後に好きなおやつを食べる方法など、ダイエットには数え切れないほどのメソッドがありますが、どれが自分にベストなのかは、やってみないと分からないのが実情です。

成功の秘訣…それは「最適な方法」で「続けること」

さまざまなダイエット方法が巷に溢れているのは、みなさんご存知の通り。良さそうなダイエット法を見つけて、試しては挫折、試しては挫折…を繰り返してきた人は多いはずです。

でもよく考えてみましょう。負荷のかかるダイエットを1ヶ月間頑張って試してみたところで、目標体重と目指す体型が永遠に手に入るはずはありません。何よりも効果をもたらすのは、そう「最も適した方法」で「継続すること」。

では自分に適した方法とは、どんなダイエット法なのでしょうか。例えば「20時以降は絶対に食べ物を口にしない」というルールは、接待が多いビジネスマンには無理でしょうし、白いご飯が大好きな人には「3食ご飯抜き」というルールでは長続きしません。続けるのが辛すぎたり、フラフラしたり、体調不良になるのでは本末転倒。

つまり「無理なく・ストレスなく継続できる方法」こそが、ダイエット成功への王道なのです。ではどのように最適な方法を見つければよいのでしょうか。

トライ&エラーで見つける「マイ・ベスト・ダイエット法」

誰にでも合う万能のダイエット方法があるなら、こんなに多種多様な方法がもてはやされる筈はありません。つまり結果が出せるダイエット方法は個人個人でまったく異なるということ。

自分に合う長続きさせられるダイエット方法を見つけるには、「これならできるかも」と思える方法を試してみて、ストレスが溜まったり負荷がかかるようなら、自分流にアレンジしてみる。例えば「炭水化物抜き」が辛ければ夜ご飯だけ抜いてみる、「甘いものを食べない」が無理そうなら朝食後に食べるなど、短期決戦ではなく1年後でも続けられる方法を探しましょう。

それでも辛いようなら、別の方法をトライして、「これ!」と思えるような方法を見つける努力を。一生の健康的な生活を支える大切な方法探しですから、焦る必要はまったくありません。ゆっくりと長続きさせられる方法を見つければよいのです。

無理なダイエットによってストレスがかかり、以前よりも暴飲暴食をして体重が戻ってしまう…このリバウンドを繰り返すことで「自分は意思が弱い」「ダメな奴だ」と別のストレスを抱えてしまうこともあります。ダイエットには、自分を追い詰めないことも大切です。1日くらいルールを破ったくらいでは、翌日の過ごし方でリカバリーできると考え、諦めずに「継続」することで健康的な体を手に入れましょう!

軽やかに実行できるダイエット法を実践しよう!

無理あるストレスフルなダイエット法は、リバウンドを後押ししているようなもの。「生活習慣を変える」という視点で、長期間トライできる自分に合うダイエット法を見つけましょう。体重を落とすだけでなく、健康な体を手に入れられるよう、栄養や運動も同時に見直したいものですね。

※当サイトは医師・医療従事者への取材や各種調査等で信頼できると判断した情報を元に信頼性・正確性のある情報提供を心がけております。ただし、当サイトで得られた情報を利用したことにより生じた結果に対し、DANVI編集部及び株式会社ナウプランニングは一切の責任を負いませんこと、予めご了承ください。

RELATED ARTICLE 関連記事