目の下のシミ、実は肝斑かもしれません

シミの一種でもある肝斑(かんぱん)を知っていますか? 女性ホルモンの乱れが原因とされ、女性特有のシミだと思われがちですが、実は男性も肝斑ができる可能性があるのです。普通のシミだと思いこんでケアすると悪化する場合も。普通のシミと肝斑の違いを知って、正しいケアを始めましょう。

ライター:DANVI編集部

肝斑特有の症状

肝斑とはシミの一種で、主に頬骨のあたりに、大きさも形もほぼ左右対称に現れるのが特徴です。輪郭がぼやっとしていて色の薄いこともあり、「気づいたらできていた」ということが多い症状です。

肝斑は普通のシミと混在してできることが多いため、肝斑だと気づかずに一般的なシミケアで済ませている人がほとんど。でも、間違ったケアをしていると、かえって悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

肝斑はどうしてできるの?

シミの一種である肝斑に悩みうつむく男性

肝斑は妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけに30~40代の女性に現れることから、主な原因は女性ホルモンの変化だと言われています。

そのため肝斑は女性特有の症状だと思われがちですが、男性の体内にも女性ホルモンは存在します。ストレスや疲れ、加齢などでホルモンバランスが崩れれば、男性でも肝斑ができる可能性があるのです。

また、紫外線による肌ダメージも肝斑を引き起こす一因と言われているので、男性だからといって油断は禁物です。

セルフケアで、肝斑を悪化させない

一般的なシミは、シミ専用の化粧品などのケアが有効ですが、残念ながら肝斑にはあまり効果が望めません。

セルフケアや内服薬の服用によって、症状を少し緩和させたり、悪化を防ぐこともできるので、その方法をご紹介します。

【セルフケアと予防】
残念ながら肝斑はスキンケアで薄くなることはほぼありません。だからといって、スキンケアが無駄かというとそうでもありません。

正しい洗顔や、紫外線予防をすれば、できてしまった肝斑の悪化を防いだり、肝斑を予防したりすることが可能です。特に紫外線は肝斑を悪化させる大きな原因のひとつでもあるので、こまめに日焼け止めを塗るなどのケアを心がけましょう。

【内服薬】
肝斑の治療には色素沈着抑制効果があるトラネキサム酸が有効とされています。トラネキサム酸を含む、肝斑専用の市販薬もありますが、即効性はなく一定期間の服用が必要です。

ただし、内服薬は医師や薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。

肝斑を本気で治療するなら専門の医療機関で受診を

肝斑は普通のシミと混在してできることが多いため、どちらのシミかを自分で判断するのは難しいのです。きちんと治療をして肌をきれいにしたいならば、美容クリニックなど専門の医療機関を受診することをおすすめします。

クリニックでの治療はレーザー+内服薬の併用がメジャーです。ただし、肝斑とシミを間違って治療してしまうと、悪化する可能性もあるので、経験豊富な専門の医療機関を選ぶことが大切です。クリニックのホームページやカウンセリングで、肝斑治療の治療実績があるかなどを調べた上で治療するかどうかを決めましょう。

範囲が広がる前に対処を

肝斑は色が薄いケースが多いとはいえ、放っておくと広い範囲にできてしまい、顔色のトーンが暗くなり、老けた印象を与えてしまうこともあります。

まず、予防のためには日々のスキンケアを抜かりなく行うことが最も大切です。

もし、既にできてしまっていて改善したいのであれば、治療によって症状を和らげられるかもしれません。

※当サイトは医師・医療従事者への取材や各種調査等で信頼できると判断した情報を元に信頼性・正確性のある情報提供を心がけております。ただし、当サイトで得られた情報を利用したことにより生じた結果に対し、DANVI編集部及び株式会社ナウプランニングは一切の責任を負いませんこと、予めご了承ください。

RELATED ARTICLE 関連記事