40代50代男性の頭から嫌な臭いが発生する理由と対策

加齢臭とともに気になってくる頭皮の臭い。「まだまだ先」と思っているのは自分だけで、実は会社や電車の中、家でもイヤ〜な臭いを撒き散らしているかも!? スメルハラスメントの犯人になる前に、その原因を学んで対策をしておきましょう。

ライター:DANVI編集部

30代も油断大敵! 男性の頭皮を襲う二大物質!

男性特有の頭の臭いには、「男性ホルモン」と「臭いの原因物質」の2つの要因が大きく関係しています。

まず男性ホルモンの影響で大量の皮脂が頭皮で分泌され、毛穴や毛髪についた皮脂が酸化して臭いを発生させています。特に新陳代謝が落ちている中年以降は、酸化した菌が常在しやすく、若い頃よりも臭いを発生しやすい環境が整っているのです。

次に臭いの原因物質ですが、これは年代によって変わるのをご存知でしょうか?

みなさんもご存知の「加齢臭」は、分泌された皮脂が分解されて発生する「ノネナール」という物質が原因。特に50歳以降に分泌量が増え、「チーズのような」「青臭い」「草っぽい臭い」が特徴で、耳の後ろから特に強く臭います。

では30代〜40代なら安心かといえば、そうではありません。実は30代〜40代では特有の臭さ「ミドル脂臭」が顕著で、それは加齢臭よりも強く、むせ返るような強烈な臭気を発していることが分かりました。これは頭皮で増加する「ジアセチル」という物質が原因で、その臭気の強さは酢の120倍以上とも言われています。

実はそれが原因かも!? 頭皮臭を引き起こす日常NGを検証

頭皮の臭いを引き起こす、油っぽい食事をする男性

きちんと洗髪もしてケアしているつもりなのに、なんだか頭が臭う…そんな時は何気なくしている日常のケアに問題があるのかも。自分のNGケアを検証してみましょう。

1)皮脂や整髪料の洗い残し
頭皮の皮脂や整髪料を洗い残していると、皮脂が酸化するうえに、残った整髪料の油に菌が繁殖しやすくなって臭いの原因になります。

2)皮脂の落としすぎ
頭皮の臭いを気にしすぎて、洗浄力の高すぎるシャンプーを使ったり、1日に何度も洗髪をすると必要な皮脂まで洗い落としてしまい、それを補おうと皮脂成分が過剰に分泌されてしまいます。

3)洗髪後の自然乾燥や生乾き
シャンプー後にしっかりドライヤーで乾かさないと、頭皮に湿気が残り雑菌の繁殖を促してしまい、臭いの原因になります。

4)生活習慣による原因
喫煙や睡眠不足、運動不足などの生活習慣によって新陳代謝や血流が悪くなると、臭いの原因物質が分泌されやすくなります。また油や糖分の多い食生活は、皮脂分泌を活発にしてしまうので、注意しましょう。

日常ケアのひと工夫で頭皮臭を撃退!

洗浄力の高すぎるシャンプーは臭いの原因になるといいましたが、では、どんなシャンプーを選んだらよいのでしょうか。

おすすめは天然由来系などの洗浄力が弱いシャンプーで2度洗いすること。1回目は毛髪を、2回目は頭皮を洗うつもりで、耳の後ろや後頭部は特に念入りに洗いましょう。

シャンプーのタイミングも大切で、朝ではなく夜のシャンプーが効果的。汚れた皮脂を残したまま寝てしまうと、脂が酸化してより強い臭いが定着してしまいます。

またストレスや睡眠不足で新陳代謝が落ちると、頭皮の角質が入れ替わらず、常駐菌が繁殖しやすくなるので要注意。適度な運動を行ったり、ゆっくり湯船に浸かることで血行もよくなり、新陳代謝を改善しましょう。

バランスの良い食事を心がけるなど、心身ともに健康で清潔な生活が「脱・頭皮臭」の第一歩ですね。

知らなかったでは済まされないからこそ日々のケアを

頭部の皮脂腺の数は、顔のTゾーンの2〜3倍。つまり頭皮は皮脂成分が最も分泌されやすく、臭いの原因になりやすい要素が満載の部位。頭の臭いは自分ではなかなか気づきにくい部分なだけに、知らぬ間に周囲の人たちに嫌な思いをさせているかもしれません。日常的にできるケアと対策で脱・頭皮臭です!

※当サイトは医師・医療従事者への取材や各種調査等で信頼できると判断した情報を元に信頼性・正確性のある情報提供を心がけております。ただし、当サイトで得られた情報を利用したことにより生じた結果に対し、DANVI編集部及び株式会社ナウプランニングは一切の責任を負いませんこと、予めご了承ください。

RELATED ARTICLE 関連記事